水道工事ではなく自分で対処できる不具合

トイレのトラブルは起こるとしばらく使用できないようなケースも見られます。しかし中には一度自分で対処をしてみると、改善が見られる場合もあります。自分で対処してもいいケースというのはどういった症状なのでしょうか。

■お湯を流して改善される不具合

トイレのトラブルの中でも多いのが詰まりです。異物が流れたことが原因で詰まることがありますが、トイレットペーパーを一度に多く流すと詰まる場合があります。この場合には50度程度のお湯を一気に流してしまうことで詰まりが改善されることがあります。
ちょっとの詰まりの場合、水道工事の業者に連絡をしないでも大丈夫なケースがあるので、頻繁にトイレが詰まらないような場合は試してみるといいでしょう。


■ラバーカップを使用して改善されるケース

お湯を流しても改善されない場合はラバーカップを使用してもいいでしょう。ラバーカップで一気に流れを強くすれば、詰まっていたものが一緒に流れていきます。
ただラバーカップで改善されない、頻繁にトイレが詰まるといった時には自分で対処することは止めて、水道工事の業者に速やかに連絡をすることが大切です。頻繁に詰まる場合は、今後も詰まる可能性が高いといえます。また流れなくなってしまう恐れもあります。


■まとめ
トイレのトラブルで多いのがトイレの詰まりですが、この場合、お湯を流したりラバーカップを使用することで改善されることもあります。しかし頻繁に詰まるような場合には、無理をせず水道 修理をしてくれる業者に見てもらうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ